音楽情報サイト:hotexpressthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
ホームインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティストを検索する
 
 

安室奈美恵 感情揺さぶる超絶ライブを

2011.12.01

安室奈美恵の画像1 安室奈美恵の画像2 安室奈美恵の画像3 安室奈美恵の画像4 安室奈美恵の画像5 安室奈美恵の画像6 安室奈美恵の画像7 安室奈美恵の画像8 安室奈美恵の画像9 安室奈美恵の画像10 安室奈美恵の画像11 安室奈美恵の画像12 安室奈美恵の画像13 安室奈美恵の画像14 安室奈美恵の画像15

写真をクリック!

 7月より【namie amuro LIVE STYLE 2011】をスタートした安室奈美恵。その東京公演が11月26日と27日 国立代々木競技場第一体育館にて開催された。

 6日 急性上気道炎によって横浜アリーナ公演を急遽延期(振り替え公演は12月27日)することになった彼女だが、代々木公演では“完全復活”という表現を使わずにはいられない、超絶アクトを展開。超満員の観客から「奈美恵!」コールを受け、チェスの世界観を彷彿させるステージへ登場すると、アルバム『Checkmate!』のジャケットさながらの派手な衣装で『NAKED』等のキラーチューンを全力で畳み掛けていく。そしてランウェイから客席内の円形ステージへ突き進めば、その一挙手一投足に大歓声が送られるという、これぞスーパースターといった印象のライブを一瞬で創造した。

 その後も会場を揺らすほどのぶっといビートに乗せて、自身と会場の熱量をぐんぐん上昇させていく安室。真紅の衣装に着替えれば、新たなアレンジで生まれ変わった『WHAT A FEELING(Live Remix)』で飛び跳ねるように踊り、その声をどこまでも遠くへ歌い放っていく。更に『Top Secret』では頭を振り乱しながら、シャウトまでぶちかまし、観る者を圧倒。最後に凛々しい表情で拳を振り上げると、凄まじい嬌声を一身に浴びた。

 ライブ中盤ではピンクのドレス姿で『Tempest』『Get Myself Back』といった優しいナンバーも披露。歌詞が一部飛んでしまいハニカむと、そのあまりにキュートな表情にこれまた大歓声が生まれ、ホープフルな空気が会場を包んでいく。そこで歌われる「傷つくために 生まれてきたんじゃない」「もう大丈夫 きっと 全てはうまくいく」というフレーズは実に温かく響き、たくさんの笑顔と涙を誘った。

 気付けば露出度の高いセクシーな衣装姿となっていた安室は、再び攻撃態勢に。久々の披露となるSUITE CHIC『Uh Uh,,,,,,』や、 安室奈美恵 feat. AI & 土屋アンナ名義で発表した『Wonder Woman』などをパフォーマンスし、この日何度目か分からないスパークを再び生んでいく。また、本編終盤では「騒ぎ明かせーー!」「もっとーー!」とオーディエンスを更に扇情。発売前の新曲『Higher』も大きな盛り上がりを見せた。そして『UNUSUAL』においてダンサーと乱れなき完璧なパフォーマンスを繰り広げると、曲の終了と共に「ドーーン!!」という効果音が鳴り響き、同時にスクリーンには“Checkmate”の文字が。一瞬にして誰も居なくなったステージには、巨大なキングの駒と周りに居並ぶチェスの駒たち

 そんな格好良すぎる演出も用意していた彼女だが、続くアンコールではアニメの主題歌『Fight Together』をお届け。飛び跳ねながら「We fight together(共に戦おう)」と一緒に歌い上げる。そして満面の笑みでダブルピースを掲げると、最後に美しく光る地球の前で新曲『arigatou』を披露。悲しみには優しさを 涙には明日の光を そしてまた――― そんな想いを込めた優しきバラードで大きな感動を生み出し、心底嬉しそうに「今日はどうもありがとうございました。また遊びに来てね。バイバーイ!」と告げ、深くおじぎをしてステージを後にした。

 なお、安室奈美恵は同ツアーのライブDVD&Blu-ray『namie amuro LIVE STYLE 2011』を12月21日にリリースする。

◎DVD&Blu-ray『namie amuro LIVE STYLE 2011』

2011.12.21 RELEASE

[DVD]
AVBD-91885 5,040円(tax in.)
amazonで購入する
[Blu-ray]
AVXD-91620 6,090円(tax in.)
amazonで購入する

安室奈美恵のニューストップに戻る