音楽情報サイト:hotexpressthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
ホームインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティストを検索する
 
 

山下智久 主演ドラマの主題歌を担当、提供は相対性理論のメンバー

2012.01.06

やくしまるえつこ

山下智久の画像1

永井聖一

山下智久の画像2

写真をクリック!

 1月12日よりスタートするTBS 木曜ドラマ9「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」で主演を務める山下智久が、同ドラマの主題歌を担当。ニューシングルとしてリリースすることも発表した。

 新曲のタイトルは『愛、テキサス』。自身主演のテレビドラマ主題歌を担当するのは「クロサギ」での『抱いてセニョリータ』以来となるが、山下は「久しぶりに出すシングルなので嬉しいです。今回の曲は今まであまり聴いた事のないようなパンチのある曲で、ドラマの主題歌としてもあっているので是非一度聴いてみて欲しいです」と好感触を得ているようだ。

 なお、本作は相対性理論などで活躍するやくしまるえつこと永井聖一が提供した楽曲で、作詞をティカ・α(=やくしまるえつこ)、作曲を永井が担当。曲中に「あの日俺らはいつものようにテキーラを飲みながら もうすぐ結婚するってあいつの話を笑って聞いてた 「お前が死んだのは俺のせいだ」って言ったら多分あいつは笑うだろう」という台詞を入れた点も、特徴のひとつとなっている。

 また、春先にはワーナーミュージック・ジャパンよりCDリリースする予定だが、ドラマの開始タイミングで着うた(R)での先行配信が予定されている。

◎主題歌の作詞及びアレンジを手掛けた、やくしまるえつこのコメント

「山下君の声は、まるで哀しいテキサス・チェーンソー。」

◎作曲及びアレンジを手掛けた、永井聖一のコメント

「テキサスにはNASAとレンジャーズ、そして山下君がいる。」

◎TBS伊與田英徳プロデューサーのコメント

「初めて聞いたとき、前向きな独特の世界観に心を鷲づかみにされました。力強さの中に、人間の切ない悲哀と、生きていく喜びが込められているように感じています。このドラマにぴったりです。」

山下智久のニューストップに戻る