音楽情報サイト:hotexpressthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
ホームインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティストを検索する
 
 

SCANDAL 初の武道館で8千人熱狂、涙ながらに「やってきてよかった」

2012.03.29

SCANDALの画像1 SCANDALの画像2

写真をクリック!

 結成から5年7か月。3月28日にSCANDALが、遂に初の日本武道館ワンマンライブ【SCANDAL JAPAN TITLE MATCH LIVE 2012 「SCANDAL vs BUDOKAN」】を開催した。

 今回の公演に先立ち、「一夜限りのLIVEなので、今世紀最大の悪ふざけをしたいです」と語っていたHARUNA(vo,g)。当日の登場VTRでは格闘技「PRIDE」のパロディを思わせる構成で、メンバーが意気込みを表明していく。そして「SCANDALの入場です!!」というアナウンスの後、ゴングと共にステージ上のLEDパネルが上がり、裏に控えていた4人がゆっくりと登場。早くもボルテージが最高潮に達した8000人の大観衆を前に、彼女たちは『SCANDALのテーマ』で宴(うたげ)の幕開けを飾る。

 大歓声が鳴り響く中、『瞬間センチメンタル』『EVERYBODY SAY YEAH』といったキラーチューンを畳み掛けた後、最初のMCでHARUNAは「今夜は私たちにとってもみんなにとっても、何かが変わる特別な時間です。日ごろのストレスやイヤなこととかブッ飛ばして、最高の夜にしようねー!!」と、さらに扇情。その後も、『スキャンダルなんかブッ飛ばせ』では特攻服を纏いミュージックビデオの振り付けを完璧に再現したほか、ドラムのRINAによるソロパート、「一夜限りの悪ふざけ」という言葉どおり様々な趣向を凝らした演出など、見所の多いステージで本編を締め括った。

 そして割れんばかりのアンコールに迎えられて再登場した彼女たちは、「SCANDALを結成した時は、せいぜい2〜3か月かなって思っていたけど、いつの間にか4人でいることが当たり前になって、LIVEをするのも当たり前になって、楽しいことも、辛いことも苦しいことも、いっぱい経験してきました。でもやってきてよかったなぁって、今改めて思います」と語り、涙で声を詰まらせる。そんな一際感動的なMCを経て、最後はインディーズ時代から大事にしている『スペースレンジャー』『カゲロウ』、メジャーデビュー曲『DOLL』で熱狂の2時間半に幕を下ろした。

 こうして、またひとつ大きな経験を積んだSCANDALだが、5月からは全17公演にわたる全国ライブハウスツアー【SCANDAL 「LIVE IDO LIVE」TOUR2012】を敢行。デビュー前より「大阪城ホールでライブをするのが夢」と語っている4人の夢も、現実になる日が近いかも知れない。

 ※今回の武道館ライブの模様は、後日WOWOWで独占放送されることが決定。また放送決定を記念して、【トークショー&プレゼントお渡し会】が実施されることも発表されている。

◎アルバム『SCANDAL SHOW』


2012.03.07 RELEASE
[完全生産限定盤]
ESCL-3855 4,200円(tax in.)
amazonで購入する [初回生産限定盤]
ESCL-3856〜7 3,500円(tax in.)
amazonで購入する [通常盤]
ESCL-3858 3,059円(tax in.)
amazonで購入する

◎ツアー【SCANDAL 「LIVE IDO LIVE」 TOUR 2012】

05.19(土) 鹿児島CAPARVO HALL
05.20(日) 熊本DRUM Be-9 V1
05.22(火) 長崎DRUM Be-7
05.25(金) 広島club Quattro
05.26(土) 岡山CRAZY MAMA KINGDOM
05.28(月) 高松DIME
05.29(火) 徳島club GRINDHOUSE
06.02(土) Zepp Nagoya
06.03(日) Zepp Nanba
06.05(火) 和歌山GATE
06.06(水) 京都MUSE
06.08(金) Zepp Tokyo
06.11(月) 長野JUNK BOX
06.13(水) 新潟LOTS
06.14(木) 仙台RENSA
06.16(土) 札幌PENNY LANE24
06.17(日) 札幌PENNY LANE24

SCANDALのニューストップに戻る