音楽情報サイト:hotexpressthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
ホームインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティストを検索する
 
 

注目アイドルがAXに揃い踏み! 生バンドアクト披露

2012.04.13

アップアップガールズ(仮)

【第2回アイドル横丁祭!!】の画像1 【第2回アイドル横丁祭!!】の画像2

Cheeky Parade

【第2回アイドル横丁祭!!】の画像3 【第2回アイドル横丁祭!!】の画像4

でんぱ組.inc

【第2回アイドル横丁祭!!】の画像5 【第2回アイドル横丁祭!!】の画像6 【第2回アイドル横丁祭!!】の画像7

BABY METAL

【第2回アイドル横丁祭!!】の画像8 【第2回アイドル横丁祭!!】の画像9

Dorothy Little Happy

【第2回アイドル横丁祭!!】の画像10 【第2回アイドル横丁祭!!】の画像11

SUPER☆GiRLS

【第2回アイドル横丁祭!!】の画像12 【第2回アイドル横丁祭!!】の画像13

℃-ute

【第2回アイドル横丁祭!!】の画像14 【第2回アイドル横丁祭!!】の画像15

写真をクリック!

 4月8日にSHIBUYA-AXで【第2回アイドル横丁祭!!】が開催され、話題の新星ユニットから人気急上昇中のグループまで、バラエティに富んだアイドルが揃い踏みで超満員の観衆を魅了した。


 9nineの西脇彩華をMCに開催された今回の【第2回アイドル横丁祭!!】には“生バンドスペシャル!!”というサブタイトルが冠されており、一部出演陣が生バンド演奏をバックに歌うというレアなアクトが満載の1日になった。

 トップバッターのアップアップガールズ(仮)は、ハロプロエッグ卒業生からなる7人組で、先日初めてのオリジナル曲『Going my ↑』をリリースしたばかりの新ユニットだ。同曲に加えてメロン記念日『お願い魅惑のターゲット』のカバーなどを披露して会場をあたためれば、2番手のCheeky Parade(チィキィ・パレード)もインディーズCD『Cheeky dreamer』を発表したばかり。こちらはオシャレな衣装とキレのあるダンスで存在感を発揮した。


 事前に行われた観客投票制によるバトルライブで出場権を獲得したでんぱ組.incは、5月23日リリースの新作『でんぱれーどJAPAN / 強い気持ち・強い愛』もいち早く披露。極彩色のハイテンションチューンでその実力を見せつける。

 続いての登場は、さくら学院の部活動ユニットにして、“アイドルのメタルの融合”を標榜するBABY METAL(ベイビーメタル)だ。重低音やシャウトもとどろく轟音サウンドの中、突如キュートな一面を垣間見せる『いいね!』や『ド・キ・ド・キ☆モーニング』を畳みかけて観衆を圧倒。

 そしてDorothy Little Happy(ドロシー・リトル・ハッピー)からは、生バンドもライブに参加する。彼女たちのバンドアクトは一部となったが、初見のアイドルファンをも巻き込むコール&レスポンスで話題の『デモサヨナラ』では、多幸感あふれる一時を贈り届けた。


 満を持しての登場となったSUPER☆GiRLSは、今回唯一、全曲生バンド演奏でのパフォーマンスに。最新の『1,000,000☆スマイル』含むシングルを中心に、計9曲を披露した。新作リリースに伴うイベント開催が続くハードなスケジュールの中にも笑顔を絶やさず、本イベント内では最多人数を誇る11人がめくるめく華やかなステージで次へとバトンを繋ぐ。

 今回のトリを務める℃-uteは、8年近い活動歴を有しながら、ハロプロ系以外のアイドルとライブで共演するのはこれが初めて。今回はスペシャルアクトとしての出演だが、『Danceでバコーン!』に始まり、『まっさらブルージーンズ』、『君は自転車 私は電車で帰宅』と新旧取り揃えた選曲で、格を見せつける妖艶な魅力を振り撒いた。


 最後は出演者全員が再登場してB'z『Ultra Soul』で盛り上がり、大団円を迎えた今回の【アイドル横丁祭!!】。次回の開催も期待しつつ、それぞれに個性を発揮した以上7組をチェックしていこう。


◎ライブ【第2回アイドル横丁祭!!】

2012.04.08(日) at SHIBUYA-AX
出演:
[MC] 西脇彩華(9nine)
・アップアップガールズ(仮)
・Cheeky Parade
・でんぱ組.inc
・BABY METAL
・Dorothy Little Happy
・SUPER☆GiRLS
・℃-ute

SUPER☆GiRLSのニューストップに戻る