音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

THE END

THE END

NANA starring MIKA NAKASHIMA

発売日:2006.12.13
Sony Music Associated Records
AICL-1783
\3,059(tax in)

BUY

 気丈だけど脆そうで、力強いけど儚げで。大崎ナナと中島美嘉の接点を見出すのであれば、その危うさであろう。歌うことでしか自分に素直になれない。だけどもその歌声はあらゆる無限の可能性を感じさせてくれる。聴き手はその刹那にこの世のすべてを目にしたような気持ちになるのである。これを一言で表現するならば、ロックの力。永遠を約束されてないことを痛いほど知っているからこそ、瞬間にその魂を爆発させるロックのそれに彼女たちの音楽は当てはまる。

 NANA starring MIKA NAKASHIMAの最初で最後のアルバム『THE END』は、2005年最大の話題曲となった『GLAMOROUS SKY』と映画『NANA2』主題歌『一色』を序盤に置いた全11曲入りのロックアルバムで、もちろんこのアルバム用に制作された新曲も多数収録。いずれも中島美嘉がよくあるロックを歌ってみました的な安易な内容ではなく、様々な化学反応が唯一無二のロックチューンを生み出しているのが今作の面白いところ。NANA starring MIKA NAKASHIMA名義の楽曲だけでのライブを観てみたいぐらいだ。

 そして今作の裏ハイライトとも言うべきナンバーが11曲目に収録されている。言わずと知れた『MY WAY』のカバー。しかも明らかにシド・ビシャスVer.のカバー。パンク精神丸出しの歌い回しに放送禁止用語を隠すための“ピー”の音。良い壊れっぷりで思わずニヤついてしまう。ある意味、今作で最もナナっぽいテイク。これを聴いて『THE END』。明快かつ爽快。やはり最後は笑顔がいい。(REVIEW:平賀哲雄)

01.一色
02.EYES FOR THE MOON
03.GLAMOROUS SKY
04.BLOWING OUT
05.MY MEDICINE
06.NEGLEST MIND
07.REAL WORLD
08.ISOLATION
09.BLOOD
10.一色
11.MY WAY

ページトップへ戻る