音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

Dear

Dear

福山雅治

発売日:1999.12.08
BMG JAPAN
BVCR-18013〜4
\3,780(tax in)

BUY

 いやぁ〜、初々しいね〜「追憶の雨の中」!こんなに初々しさを感じるとは僕も福山もそれなりに年月を重ねてきたわけだね、しみじみ・・・。今聴いてもカッコイイ!とは、僕はちょっと言えないけど、でもなんか嬉しくなってきちゃうね、この辺の曲を振り返るとさぁ。「Good Night」とかは最近聴いてなかったけど、これは今新曲として出されていたとしても絶賛してるだろうね、間違いなく。良く学生時代この曲をカラオケで、教室で、家の中で歌っていたのを思い出します。ファルセットの部分がいくら感情移入してもうまく歌えなかったんだよなぁ(私事ですみません)。「約束の丘」もいいねぇ〜、子供ながらこの男らしい感じがたまらなく好きだった。そういえば、この頃彼の“オールナイトニッポン第2部”良く聴いてたような気がする。そんでもって福山雅治って人が本当は超スケベオヤジだって知ったんです(また私事ですね、すみません)。「MELODY」なんか未だに歌詞カードなしで歌えるぐらい当時聴いてました。これが出た頃は“ひとつ屋根の下”でちいにいちゃんを演ってたんだよね〜、よく「あんちゃん・・・」って物真似してました(またまた私事ですみません)。後半はアルバム「ON AND ON」の収録曲でまとめているようで。実はこれが初めて買った福山雅治のアルバムでした。その中の「IT'S ONLY LOVE」を彼女の前で思いっ切り感情込めて歌ったのを思い出します。でもこれ失恋ソングなんだよね〜、当時の僕はそれに気付かず彼女と・・・(思いっ切り私事でごめんなさい!)。でも1番DISC1で思い入れ深いのは「恋人」だな、やっぱ。女の子のことで凹んだ時はいつも聴いてた忘れたくても忘れられない思い出の1曲ですね。(DISC2へ続く)

 「HELLO」ぐらいになると、なんかまだ最近の曲のような気がするけど、実は随分前の曲だったりするんだよなぁ。これを聴くとゲレンデが浮かんでくるのはきっと僕だけではないはず。「Message」かぁ〜、確かこれのリリースの後、長い間休養期間入りましたよねぇ、つい去年までさ!おかげさまでこの曲は長い間聴いてましたよ。和久井映美と岸谷五郎が出てる映画の主題歌でしたね。そして待ちに待って出たのが「Heart」!2年間休んでた割りにはちっともスタイル変わってねーじゃん!っていうのが第一印象でしたね。でも今思えばそれが自然体を愛する男、福山雅治なんだったと気付きます。なんだかんだ言っても飲み屋で歌いまくってたし(私事です!)。そのc/wの「you」はオネーチャンのいる飲み屋で歌いまくりました(誰か私事を止めてくれ!)。でもこう考えると本当に時間が経過したんだなぁと痛感しちゃうね。「Good Night」を聴いて純粋に泣いていた中学生が、「you」を口説きナンバーとして歌ってるんだもの。何より凄いのがそれだけの期間自分をはじめとするファンを離していないってことだよね、2年間も行方不明気味だったのに(笑)!
 福山雅治の楽曲を耳にすると様々な思い出がしっかりと今の僕の前に浮かんでくる。これが音楽の素晴らしさかなんてこのベスト聴いてたらしみじみ思っちゃいました。彼自身がセレクションしたベストと僕の思い出がシンクロする・・・、なんかめちゃくちゃ嬉しくなりました。これからも末長くよろしくね。(REVIEW:Tetsuo Hiraga)

ページトップへ戻る