音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

OSCA

OSCA

東京事変

発売日:2007.07.11
EMI MUSIC JAPAN
TOCT-40125
\1,200(tax in)

BUY

 椎名林檎、歌唱に徹底。というわけで、彼女以外のメンバーが作曲を手掛けることになった東京事変のニューシングル『OSCA(オスカ)』がここに完成。某誌のインタビューでは「歌わなくていいなら歌いたくない」ぐらいのことを言っていたが、その魅力的すぎる歌声を持った宿命を受け止めてか諦めてか、このシングルで林檎はめちゃくちゃ歌い倒している。浮雲作詞作曲のイントロからぶっ飛んでるタイトルチューンでは、ここまで壊れた椎名林檎を見たことがない。ってぐらいに上から下から右から左へと暴れまくっているし、伊澤一葉の作詞作曲ナンバー『ピノキオ』での感情の溢れっぷりは、曲調はやわらかくも、一部あの『ギャンブル』(椎名林檎×齋藤ネコ『平成風俗』収録曲)を彷彿させるほどに唸っている。で、今作で唯一林檎が作詞も手掛けている『鞄の中身』では英語詞をこれまた自由自在に歌唱。もうどうにだって歌ってやるわよ!的な思い切りのよさを今作からはヒシヒシ感じさせてくれるのである。その真意は一体?まぁまずはご一聴あれ。(REVIEW:平賀哲雄)

01.OSCA
02.ピノキオ
03.鞄の中身

ページトップへ戻る