音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

最期の川

最期の川

CHEMISTRY

発売日:2007.10.24
DefSTAR RECORDS
DFCL-1399
\1,020(tax in)

BUY

 映画「象の背中」の主題歌にもなっているCHEMISTRYのニューシングルは、作詞を『川の流れのように』などで知られ、映画の原作者でもある秋元康氏が担当。「自分の死期を悟った男が、愛する人に向け最後の気持ちを伝える」というテーマを持った、切ないバラードに仕上がっている。
 本作のレコーディングをする際、CHEMISTRYの2人は原作の小説や映画の映像を見て歌詞への理解を深めていったそうだ。そんな努力があってか、2人に歌声は楽曲と見事に寄り添い、詞が持っている感情の高ぶりを見事に表現している。多少重いテーマだけれど、ハーモニーのバリエーションが多彩で、メロディを追っているだけでも何度も聴きたくなってしまうから不思議。この曲が本来持っている世界観を突き詰めた結果、今までには無かった新しい世界観に辿り着いたのではないだろうか。(REVIEW:元井庸介)

01.最期の川
02.最期の川(Pf Ver.)
03.最期の川[Less Vocal]
04.最期の川(Pf Ver.)[Less Vocal]

ページトップへ戻る