音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

“ONE OF PILLARS”〜BEST OF CHIHIRO ONITSUKA 2000-2010〜

“ONE OF PILLARS”〜BEST OF CHIHIRO ONITSUKA 2000-2010〜

鬼束ちひろ

発売日:2010.04.28
UNIVERSAL SIGMA
UMCK-1353
\3,000(tax in)

BUY

 鬼束ちひろを一躍スターダムに押し上げた『月光』『眩暈』をはじめ、人間の心の奥底を突いた『私とワルツを』『陽炎』。数ある曲の中で一際温かい光を与えてくれる『Sign』などの楽曲達が、孤独、安らぎ、劣等感、幸福という様々な感情の起伏を描いていく。そして、未発表曲『惑星の森(previously unreleased song)』だが、激情的なサウンドで繰り広げられる『X』に続く同曲は、優しすぎて心に染み入る。繊細かつ鋭いサウンドと柔らかく響くボーカルが、寂しそうに微笑む“孤独な人”を想像させる。それがあまりにも美しく凛としているからこそ、余計に聴き手の胸をギュっと締め付けるのだ。

 身を削って生み出す音楽。彼女の歌を初めて耳にした時、そんな気がした。歌えば歌うほど、彼女の身が危うくなっていくのではないかと。けれど、彼女は10年の軌跡を辿ったベストアルバムとなる今作を発表した。しかもタイトルには、ギリシャ様式の神殿に見られる石柱をイメージした“PILLARS”に加え“ONE OF”。今後建ち並びゆくモニュメントの1本に過ぎないことを暗示しているこのタイトルを見る限り、身が削れているかいないかは別として、これからも彼女は歌いながら生きていくのだろう。(REVIEW:武川春奈)

01.月光
02.眩暈
03.infection
04.流星群
05.King of Solitude
06.Sign
07.私とワルツを
08.Rainman(LAS VEGAS version)
09.everyhome
10.蛍
11.X
12.惑星の森(previously unreleased song)
13.帰り路をなくして
14.陽炎

ページトップへ戻る
Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録