音楽情報サイト:hotexpressthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:hotexpress トップページへニュース一覧へインタビュー一覧へライブレポート一覧へ
レビュー一覧へエアプレイチャート一覧へメールマガジンを購読する特集ページ一覧へ
SEARCH
アーティストを検索する
 
 

Break It / Get Myself Back

Break It / Get Myself Back

安室奈美恵

発売日:2010.07.28
avex trax
AVCD-31897/B
\1,890(tax in)

BUY

 破格のビッグヒットを連発し、世界最大の音楽祭典【WORLD MUSIC AWARDS 2010】では“BEST ASIAN ARTIST”を受賞。あのパリス・ヒルトンからトロフィーを受け取るなど、危機的状況の音楽シーンに明るいニュースを届け続けている安室奈美恵。そんな彼女が音楽的にもメッセージ的にも刺激のある両A面シングル『Break It / Get Myself Back』を完成させた。

 トリッキーな動きを見せるギターやベースの上で安室が舞い踊るように歌う『Break It』は、徐々にすべての音と声が高揚していく新感覚ダンスナンバー。迷路に彷徨い、打開策も思い付かないのであれば、自らを押えつけるものに抗い、切り捨て、破壊してしまえばいい。何度でも何度でも。そんな力強いメッセージをいつにも増して攻撃的に歌い叫ぶ姿に興奮せずにはいられない。

 一方“夏を彩るに相応しいミディアムナンバー”と各媒体で報じられている『Get Myself Back』だが、この曲も衝撃度は高い。高まる鼓動を激しいビートで表現し、ミディアムでありながらも聴き手を鼓舞させることに抜かりはなし。そしてサビでは「こんなにも世界は綺麗なのに 黒い感情 抑えられず 正義とすり替えてた」「傷付く為に生まれてきたんじゃない」と赤裸々な想いと未来への意志を真っ直ぐに歌い上げる。

 諦めないこと。今その胸にある想いを真っ直ぐに響かせること。最高の音楽を目指すこと。それをしっかりと実現できている者の作品は感動的だし、ポジティブな可能性を幾つも見出させる。どんな側面から見ても素晴らしいシングルが誕生した。(REVIEW:平賀哲雄)

01.Break It
02.Get Myself Back
03.Break It(Instrumental)
04.Get Myself Back(Instrumental)

ページトップへ戻る
Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録