音楽情報サイト:hotexpressthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:hotexpress トップページへニュース一覧へインタビュー一覧へライブレポート一覧へ
レビュー一覧へエアプレイチャート一覧へメールマガジンを購読する特集ページ一覧へ
SEARCH
アーティストを検索する
 
 

レーザービーム / 微かなカオリ

レーザービーム / 微かなカオリ

Perfume

発売日:2011.05.18
TOKUMA JAPAN COMMUNICATIONS
TKCA-73650
1,500円(tax in.)

BUY

歌詞まで注視してニンマリ ストレートなアプローチにも理由がある?

 8bit風味のシークエンスに、細切れにされた3人の声が重なる。もっと下世話に書いてしまえば、かつてのPerfume ―――それこそエレクトロ3部作時代を思わせる煌(きら)びやかな下地に、前作『ねぇ』でのアプローチを掛け合わせたようなトラックだ。ビートはテンポ速めの4つ打ち、総じて小気味良くスタッカートの効いたアレンジと、世間がイメージするPerfumeを地で行くようなサウンドは、常に想像の斜め上を狙う意外性で楽しませてくれた過去を思えば、逆に驚かされたところもあった。が、続いて言葉まで注視(聴?)してニンマリ。“ストレイト ドキドキする”なんて歌詞を用意しているんだから、サウンドプロデューサー 中田ヤスタカは相変わらず不敵だ。

 ……なんて、深読みしようとしすぎて、気持ち悪い笑みがこぼれてしまいました。また、同曲は3分強と潔いサイズの楽曲となっているが、一番の聴き所はラスサビが終わった後の展開かも。次々と音が足されていきながらも、それぞれの音色がエッジィに切り立っているから、乱雑な印象が残らない。アコースティックな音色も駆使して、秘めた恋心をふわっと描くM-02『微かなカオリ』との対比も耳に新鮮で、何ていうか横綱相撲的な1枚です。(REVIEW:杉岡祐樹)

01.レーザービーム
02.微かなカオリ
03.レーザービーム −Original Instrumental−
04.微かなカオリ −Original Instrumental−

ページトップへ戻る
Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録