音楽情報サイト:hotexpressthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:hotexpress トップページへニュース一覧へインタビュー一覧へライブレポート一覧へ
レビュー一覧へエアプレイチャート一覧へメールマガジンを購読する特集ページ一覧へ
SEARCH
アーティストを検索する
 
 

もしもし原宿

もしもし原宿

きゃりーぱみゅぱみゅ

発売日:2011.08.17
Warner Music Japan
WPCL-10983
\2,000(tax in)

BUY

海外でも噂のきゃりーぱみゅぱみゅは“kawaii”けど“CRAZY”?

 capsuleはもちろん、Perfumeなどへの楽曲提供でも辣腕を振るう中田ヤスタカ。彼がプロデュースするアルバムというだけでも、少なからず興味を持った方は多かっただろう。自分もそのクチで、当初“きゃりーぱみゅぱみゅ”については噛み易い名前だなぁという位の認識しかなかった。しかし、先行公開された『PONPONPON』で、一気にその魅力のトリコに。
 中田ヤスタカらしいアレンジが随所にちりばめられた、カラフルな音作り。何より超絶POPというほど軽やかなメロディは、一度耳にしたら「PONPON うぇいうぇいうぇい♪」と口ずさまずにはいられない。また、PVではキュートな姿が確認できるものの、現役モデルらしからぬ奇抜な衣装・メイクに身を包み、往年のヒゲダンス(?)などを披露。海外の配信サイトで上位にランクインしていることから、某動画サイトには英語のメッセージが多く寄せられているが、ユニークで摩訶不思議なパフォーマンスも高評価を得ている要因ではないだろうか。
 さらに収録曲にはcapsuleのカバー『jelly』まで入っており、新人ながらとにかく見所聴き所の多い作品であることは間違いない。(REVIEW:山本純)

01.きゃりーのマーチ
02.チェリーボンボン
03.PONPONPON
04.ちょうどいいの
05.ピンポンがなんない
06.jelly

ページトップへ戻る
Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録