音楽情報サイト:hotexpressthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:hotexpress トップページへニュース一覧へインタビュー一覧へライブレポート一覧へ
レビュー一覧へエアプレイチャート一覧へメールマガジンを購読する特集ページ一覧へ
SEARCH
アーティストを検索する
 
 

誰もいない台所

誰もいない台所

高橋優

発売日:2011.10.26
WARNER MUSIC JAPAN
WPZL-30327/8
\1,575(tax in)

BUY

路上時代からの名曲リリース 高橋優だからこそ表現できるリアルさ

 代表曲『福笑い』では、“きっとこの世界の共通言語は 英語じゃなくて笑顔だと思う”と表情豊かな歌声を披露し、隠れた人気曲『駱駝(らくだ)』では、“誰かのせいになんてできない 明日を切り開くのは自分次第”という想いをメロディにのせる。そうやって常に“今”を叫び続けてきたシンガー 高橋優が、路上ライブ時代から唄い続けている名曲『誰もいない台所』をリリースする。

 復興支援 野外ロックフェス【LIVE福島 風とロックSUPER野馬追】でも演奏されていた同曲は、センチメンタルになりがちな秋にぴったりのラブソングだ。「ただ会いたい 君に会いたい 会いたい あの日に戻りたい」と絞り出されるボーカルは、誰しもが過去に味わったであろう恋愛の記憶を呼び起こし、心に深く染み入る。楽曲がこれほどストレートに響いてくるのは、曲中の詞に難しいニュアンスや余計な言葉がひとつもないからだろう。そう、高橋優はいつだってリアルに訴えかけ、胸を熱くたぎらせてくれるのだ。今最もエネルギーに満ちた彼だからこそ表現できる世界観を感じてほしい。(REVIEW:今翔平)

01.誰もいない台所
02.想いよ、届け
03.ほんとのきもち(LIVE at LIQUIDROOM 2011 7 7)
※通常盤のみ収録
04.駱駝(LIVE AT LIQUIDROOM 2011 7 7)

ページトップへ戻る
Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録