音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

NEVER END

NEVER END

安室奈美恵

発売日:2000.07.12
エイベックス
AVCD-30137
\1,050

BUY

小室哲哉でしかあり得ないメロディライン、言い方を変えれば小室哲哉にしか出せないメロディラインでこの楽曲を成り立っている。故小渕前首相から依頼された沖縄サミットのイメージソングの制作、日本中、いや、世界中の老若男女が注目する大仕事である。何を創り、何を伝えるべきか?数々の成功を収めてきた小室哲哉という男が出した答えが、このシンプルなサウンドだったのだろう。誰が聴いても小室の曲と分かるはずだ。「NEVER END」という歴史に残る1曲に何の計算もひねりもいらない、そういった彼の意思が伝わってくる。
 そして、何より責任重大なのが、それを歌い上げなくてはならない安室奈美恵。おそらく彼女にとっても、この「NEVER END」は特別な意味を持つ作品となる。ただ、そんなプレッシャーを気負うことなく、オリエンタルな沖縄の風と海をイメージさせるメロディ、それに歌声を気持ちよさそうに乗せている。彼女がどこまで小室氏が伝えようとしているものを表現するか?それは、今作に限らず、アーティストとプロデューサーの間に常につきまとうテーマではある。ただ、今作に関してプロデューサーの小室は、『限りない優しさ』『思いやりの気持ち』をテーマ化したと言っている。今、人と人の間だから失われつつあるこの2つのテーマ。やはり歌でもって表現するのは安易なことではないだろう。それでも、彼女は・・・もうテレビやラジオから流れる「NEVER END」を耳にしたファンの方々はお気づきだと思うが、おそらく彼女はこの楽曲で見事な感情移入、今までになかったレベルの情熱を注いでいる。そこには『限りない優しさ』や『思いやりの気持ち』の尊さ、また、それを維持することの難しさなど、様々な思いが込められていることが分かる。
 確かに簡単なメロディ、フレーズではあるが、だからこそ大衆に伝わる。だからこそ安室の想いが伝わる。沖縄サミットの成功を祈ることも大事だが、またひとつ彼女がシンガーとしての成長を果たしたのもトップニュースな出来事ではないのだろうか。

ページトップへ戻る