音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

Every Single Day-Complete BONNIE PINK(1995-2006)-

Every Single Day-Complete BONNIE PINK(1995-2006)-

BONNIE PINK

発売日:2006.07.26
WARNER MUSIC JAPAN
WPCL-10320/1
\3,300(tax in)

BUY

 10年一区切りで心機一転、新しい事にチャレンジするというのは良くある話だと思うが、BONNIE PINKはデビューしてから10年間、常に新しい自分を追い求めてきたアーティストだ。学生時代から、自ら作詞・作曲を手掛け、国内外のプロデューサー、アーティスト達と創り上げてきた良質の楽曲群は、Jポップの枠組みで語るのは、ちょっと難しいかもしれない。
 近年では、フランツ・フェルディナンドのプロデュースも手掛ける、トーレ・ヨハンソンの存在は彼女にとって必然的だった。スウェーディッシュな空気感を持ったアレンジは、彼女の存在感をさらに引き立たせ、“赤い髪のBONNIE PINK”として認知を高める。その後も、ミッチェル・フルームなどの大物プロデューサーを起用し、海外でのレコーディングを重ね、シンガーとしては勿論、ソングライターとしても着実に成長し、BONNIE PINKというものを、徐々に確立していった。作品ごとに様々な顔ぶれとコラボレーションする所以には、「楽曲の世界観を狭めたくない」という彼女の創作意欲があった。再びトーレと組んだアルバム『Even So』をリリースする頃には、表現者としての自信を掴み、他のアーティストとの化学反応を楽しむようになったのだという。
 11年目からは、そんな自分をしっかり理解した上で、様々なチャレンジに挑む彼女の姿がある。ずっと彼女を見続けてきたファンにとっても、初めて彼女のアルバムを手にしたあなたにとっても、日々の積み重ねが今を形作っていることを感じて欲しい。(REVIEW:齋藤卓侑)

Disc1
01.Heaven's Kitchen
02.Forget Me Not
03.泡になった
04.かなわないこと
05.オレンジ
06.犬と月
07.Suprise!
08.Lie Lie Lie
09.金魚
10.It's gonna rain!
11.Do you crush?
12.The Last Thing I Can Do
13.Evil and Flowers

Disc2
01.So Wonderful
02.Daisy
03.You Are Blue,So Am I
04.過去と現実
05.Sleeping Child
06.Tonight,The Night
07.Take Me In
08.眠れない夜
09.Thinking Of You
10.New York
11.LOVE IS BUBBLE
12.Private Laghter
13.Souldiers
14.A Perfect Sky
15.Last Kiss

ページトップへ戻る