LIGHTNING/「Justice Strike」レビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
-2011-

「Justice Strike」LIGHTNINGジャケ写
「Justice Strike」
LIGHTNING

11.12.14release

 IRON-CHINO率いる国産正統派メロディック・ヘヴィ・メタラー:LIGHTNINGのニューアルバム!

 独自の世界観を持ちつつ、サウンドは正統的なメタル・サウンドを聴かせる国産メタラー:LIGHTNINGの新作。宮本武蔵の“五輪書”をテーマにした前作『FIVE RINGS』が異例の好セールスを記録したということで、レーベルを移籍してリリースされた本作では元Ethnic Legistの勇舞がニューシンガーに迎えられている。

 叙情的なメロをフィーチャーしたインスト「Advent」に続く「JUSTICE STRIKE」は、X-JAPANにも通じるツインギターと高揚感を煽るメロディーに魂を熱くしないメタラーは存在しないであろうキラーチューン。このメロスピチューン一発でLIGHTNINGに興味を持つリスナーは多いであろう看板的名曲だ。
 一方、本作に収録される楽曲群は非常にバラエティーに富んでいるのも印象的。80'sのUSピュアメタル的なミドルチューン「Soldier Force」、V系の叙情さを併せ持つドラマティックチューン「Far Away」、ネオクラシカル系の疾走チューン「Ride On The Wind」、これまたX-JAPAN的な親しみ易さをもつキャッチーチューン「Destiny Destination」、スラッシュメタルのアグレッションと良い意味でのB級メタル臭を放つ「End Of The World」、昨今のジャーマン風味のJUDAS PRIESTメタルなGAMMA RAYを髣髴とさせる「Sign Of The Metal」と、各曲のキャラが立っている。

 全編、スピーディーではありながらも正統派ヘヴィ・メタル色が強いのは鍵盤が必要最低限に抑えられている点や、ダミ声が混じった漢臭プンプンのシンガーの声質もあるかもしれない。特にシンガーの声質はこれがまた逆に新生LIGHTNINGの特徴にもなるだろう。ギターのツブの荒さや機械的なビブラートが少し気になるが、それを差し引いて安定したクオリティーを持った佳作だと思う。

home album review interview alive&kickin' release info catch the move A to Z links contact