BLOWSIGHT/「DYSTOPIA LANE」 アルバムレビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
-2011-
「DYSTOPIA LANE」BLOWSIGHTジャケ写
「DYSTOPIA LANE」
BLOWSIGHT

11.2.16release

 スウェーデン産"POPMETALPUNK"バンド、BLOWSIGHTの本邦デビュー作となる2ndアルバム!

 スウェーデンの首都ストックホルム出身の4人組:BLOWSIGHT、デビュー作『DESTINATION TERRORVILLE』から1年半ぶりとなる2ndアルバム。前作リリース前に出したEPに収録したブリトニー・スピアーズの「Toxic」カヴァーが話題になったそうだうが、本作にもauのCMでもおなじみレディー・ガガの「Pocker Face」カヴァーを収録している。

 メンバー自身が“POPMETALPUNK”と称するサウンドは、その名のとおりキャッチーなコーラスワークが映える、エモ色の強いメタル。こう言うと最近よく見かけるバンドに写ってしまうが、彼らの場合はヘヴィ・メタルらしいエッヂをはじめ、所々に配したオーケストレーションによりドラマティック性も演出しつつ、かと思えばNICKELBACKのようなバラードしかり、FOOFIGHTERSのようなキャッチー&パンキッシュ感、後期QUEENのようなロックをやったりと、多種多様な音楽性を持っているのが最大の特徴。メタリックなオープニングチューン「I Wish You 666」で幕が開けたかと思えば、一曲ごとに表情が変わっていくユニークな音楽性なのだ。

 色彩豊かな楽曲群のなかどの曲でも魅力的なメロディーをフィーチャーしている点も特筆すべき点。特にその多様な楽曲を歌いこなすシンガー:ニック・レッドは逸材で、彼の確かな歌唱力と声色がサウンドに統一感をもたらしている。一見、最近よく見られるバンドながらも、じっくり聴くと随所に配されるバラエティー豊かなアレンジにもセンスの良さを感じさせる。“○○が好きなファン必聴!”と言えないのがレビュア泣かせだが、筆者的には“NICKELBACKにメタリックなテイストを加味した音”というのが率直な感想だ。音楽的センス、クオリティー…どれをとっても世界的レベルであり、メタルシーンに限らず要注目のバンドであるのは確か。いろんな意味で“楽しめる”作品だ。

home album review interview alive&kickin' release info catch the move A to Z links contact