STORMWARRIOR/「HEATHEN WARRIOR」レビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
-2011-
「HEATHEN WARRIOR」STORMWARRIORジャケ写
「HEATHEN WARRIOR」
STORMWARRIOR

11.7.13release



Heathen Warrior - Stormwarrior
 ジャーマン・メタル魂を正統的に受け継ぐSTORMWARRIOR、3年ぶりのニューアルバム!

 2002年にGAMMA RAYのカイ・ハンセンとダーク・シュレヒターをプロデューサーに迎えたデビュー作『STORMWARRIOR』が、ここ日本でもマニアの間で話題となったピュアメタラー、STORMWARRIORの4thアルバム。本作でももはや定着したラーズ・ラムケがヴォーカルとギターを兼任し、ベーシストは前作『HEADING NORTH』同様、IRON SAVIOR, SAVAGE CIRCUSなどで活動していたイェンツ・レオンハルト、そしてドラマーにはKINGDOM COMEでイェンツの同僚だったヘンドリック・ティースブルンメルを迎えたニューラインナップによって制作されており、ミックス&マスタリングは初期HELLOWEENやPRETTY MAIDSなどでお馴染みのトミー・ハンセンが手掛けている。

 特殊なギミックなしにギター2本が牽引する100%ピュアなジャーマン・メタル・サウンドは、今更変える必要性のないもの。ただ、ここに来て更にエネルギーを増幅させており、非常にテンションの高い作品に仕上がったのが印象的。ギター、ヴォーカルメロ共にまさにカイ・ハンセンな3連チューン「Heathen Warrior」、長尺のギターソロもドラマティックなキャッチーチューン「The Ride Of Asgard」、初期HELLOWEEN風のストレートな激走チューン「Bloode To Bloode」,「Ravenhearte」、HAMMERFALLにも通ずるキャッチーな「The Returne」などは、アルバムの中で特に耳を惹くものだ。

 良くも悪くも突き抜けきらないメロディーはマニア心をくすぐる愛すべきヘヴィ・メタルであり、古き良きジャーマン・メタルの勇壮感とアグレッションを正統的に受け継ぐサウンドは、むしろ若いリスナーにとっては新鮮かもしれない。NWOTHMムーヴメントが起きたように、次なる波を起こすのは彼らかも!?

home album review interview alive&kickin' release info catch the move A to Z links contact