SHAKRA/「BACK ON TRACK」レビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
-2011-

「BACK ON TRACK」SHAKRAジャケ写
「BACK ON TRACK」
SHAKRA

11.6.22release

 スイスのメロディアス・ハード・ロッカー:SHAKRA、ニューシンガーを迎え進化したニューアルバム!

 メロディアス・ハード系のファンにはお馴染み、スイスのSHAKRAによる8thアルバム。本作からインド生まれのスイス人:ジョン・プラケシュをシンガーに迎え、サウンドもこれまでに比べると程よくヘヴィかつグルーヴィになり、良質なメロディーを伴う楽曲は同郷のGOTTHARDにより近づき、さらに重心を下げた作風となった。

 CREEDやLINKIN PARKをフェイバリット・バンドにあげるジョンの歌は、それこそ力強い歌唱スタイルだがエモーションもたっぷりの魅力的なもの。例えばバラード系の「When I See You」ではスティーヴ・リーを、パワーバラードの「Yesterday's Gone」なんかではマイケル・ボーマンのような深みのある歌も聴かせてくれる。間違いなくSHAKRAの新たな武器となる存在だろう。
 そのジョンの影響かモダンなヘヴィネスをどの曲にもフィーチャーしながら、キャッチーなサビのメロディーは健在。タイトでグルーヴィなギターリフが印象的な「B True B You」、欧州メロディック・メタルな「I'll Be」、GOTTHARD型のキャッチーかつノリの良いハードロックチューン「Crazy」,「Brand New Day」、構築美のあるギターソロも魅力的なPV曲「Back On Track」、哀愁のバラード「Lonesomeness」など、一聴して耳をひくメロディー/曲が満載だ。

 モダン・メタル風のサウンドながらメロディーはあくまでも欧州メロハー系の質感であるのも、これまでのスタイルを継承したなかでの進化として好感が持てる本作。メタリックな要素も様になっているのは楽曲のクオリティーそのものが高いからだろう。本国でのチャートで初登場2位に入ったというのも納得の仕上がりだ。

home album review interview alive&kickin' release info catch the move A to Z links contact