WARRANT/「ROCKAHOLIC」レビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
-2011-
「ROCKAHOLIC」WARRANTジャケット画像
「ROCKAHOLIC」
WARRANT

11.6.15release



Rockaholic - Warrant
 トータル・アルバム・セールス1000万枚以上の人気ハードロック・バンド、Warrantの5年ぶりニューアルバム!

 良き80〜90年代初期の米ハードロック・シーンで活躍したWARRANT。意外にもメンバー脱退&復帰を繰り返しながらバンドは続いていたようで(失礼…)、本作は2006年発表の『BORN AGAIN』以来となる5年ぶりのスタジオ・アルバムだ。

 全盛期は米ハードロック/L.A.メタル・シーンの中でもとりわけ楽曲/歌メロの良さが秀でており、バラードの「Heaven」や「I Saw Red」のほか、ポップなハードロックチューン「Cherry Pie」などTOP10シングルヒットをいくつも飛ばしたバンドだ。しかしながら、それも全てはシンガー:ジェイニー・レインによる楽曲であり、本作では残念ながら彼の参加はない…。ただし、ジョーイ・アレン(Gt)、エリック・ターナー(Gt)、ジェリー・ディクソン(Ba)、スティーヴン・スウィート(Dr)とジェイニー以外のオリジナルメンバーは健在。シンガーには元LYNCH MOBのロバート・メイソンが加入していることも、80'sアメリカン・ハードロック好きには堪らないラインナップだろう。

 新WARRANTによるサウンドは、メロディアスなハードロックを基調にした相変わらずのもの。エネルギッシュなハードドライヴ・チューンから、バラードまでをこなすというおなじみのアメリカン・ハードロック・スタイルだ。しかし、ロバート・メイソンのブルージーな歌唱を活かすノリの良さを重視した楽曲も目立ちつつ、より普遍的なロックの雰囲気で聴かせる曲もあるなど、なかなかバラエティーに富んでいる。ロバートによるバラードの「Home」、ジェリーによる雰囲気のあるミッドチューン「What Love Can Do」、「Found Forever」なんかは特に耳をひく楽曲だ。

 これぞアメリカン・ハードロックという楽曲群は、期待とそう遠くは離れていないものの、やはりジェイニー時代を期待してしまうとギャップを感じてしまう。これはこれで決して悪いアルバムではないんですけどね。。

home album review interview alive&kickin' release info catch the move A to Z links contact