DEGREED/「Life Love Loss」 アルバムレビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
-2011-

「Life Love Loss」DEGREEDジャケ写
「Life Love Loss」
DEGREED

11.5.18release

 スウェーデン産メロディアスハード・バンド:DEGREED、北欧特有の哀愁を全編に漂わせるデビューアルバム!

 スウェーデンはストックホルムの音楽学校に通うメンバーを中心に2005年に結成。翌年には音楽コンテスト“Emergenza”北欧地区大会で見事優勝を果たすと、世界大会では10位を獲得。さらにドラム部門で1位、ギター2位、アレンジ1位と各部門でも好評価を得たというDEGREEDが満を持して放つデビュー作。

 北欧特有の透明感と哀愁のメロディーが全編を支配するメロディアス・ハードは、昨今の80's直系サウンドを提示する若手ハードロックバンドとは一味違い、独自のスタイルを確立しているのが大きなポイント。ベースを兼任するシンガーの声質がジョーイ・テンペストやヨラン・エドマンを髣髴とさせる哀愁ヴォイスであることからも、北欧HR/HMの理想型でありながら、ヒネリを加えたユニークなアレンジはまさに“北欧メタルの発展形”と言えるサウンド。筆者的にはECLIPSEにキーボードによる透明感と哀愁を増量させたような印象。はたまた、モダンテイストを併せ持った再結成後のEUROPEが、全盛期のセンスで音楽を創ったらもしかしたら本作のようなサウンドになるかもしれない。

 フック満載の楽曲の充実度は元より、世界的コンテスト2位のギタリストによるイングヴェイ的なギターソロがあったり、透明感を演出するアレンジは元よりイェンス・ヨハンソンばりのソロも披露するキーボーディスト、そしてお遊び満載のリズムアレンジなど、とにかく良質の楽曲を多彩なアレンジで聴かせてくれるから、味わいも倍増する。
 メンバーが全員短髪であり、また帯には“モダン”とあるが、基本的には哀愁北欧メタルの血を正当に受け継ぎ、同時に進化=オリジナリティの確立にも成功させているDEGREED。文字通り北欧HR/HM界における“期待の新星”の登場だ。

home album review interview alive&kickin' release info catch the move A to Z links contact