THE UNGUIDED/「Hell Frost」レビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
-2012-
「Hell Frost」THE UNGUIDEDジャケ写
「Hell Frost」
THE UNGUIDED

12.1.25release

 SONIC SYNDICATEのメンバーによるニュー・エクストリーム・メタル・バンド、THE UNGUIDEDのデビュー作!

 所属レーベル“Nuclear Blast”の求めるものとバンドがやりたい音に摩擦が生じ、結局メンバーがバラバラになり、活動休止に陥ってしまったSONIC SYNDICATE。そのメインソングライター:ロジャー・スンネソン(Gt)が、上述の件を受けバンドからいち早く脱退を表明したアグレッシブ・シンガー:リチャード・スンネソンと、2009年に脱退していたシンガー:ローランド・ヨハンソンの2人と新たに組んだバンドが、このTHE UNGUIDEDだ。SONIC SYNDICATEのブレインを担っていた現/元メンバーによるバンドということで、注目をするリスナーも少なくないだろう。

 サウンドは当然のことながらSONIC SYNDICATEを踏襲するもので、特にレーベルの意向が加わってくる前(?)の初期に近い。必要以上のエレクトロニック/デジタリックな装飾はなく、あくまでもヘヴィ・メタルであることを基調に持ちつつ、モダンかつ程よいキャッチーさ、そしてシャウト/クリーン・ヴォーカルが掛け合う楽曲のスタイルはAMARANTHEを彷彿とさせるものだ。当然ながらこちらには女性シンガーはなく、かつ、ソレをメンバーが聞いたら「俺たちの方が先だ」と怒るかもしれないが(苦笑)、全体像は非常に近いと個人的には思う。

 北欧独特の透明感を演出するシンセと、CHILDREN OF BODOM以降のメロデスのアグレッシブなギターリフ、そしてSONIC SYNDICATEで培ったソング/メロディー・ライティングのセンスがそのまま活かされたサウンドは、予想通りに高いクオリティーを誇る。ただ、これ一発というキラーチューンがなく、アグレッション・ヴォーカルが大半を占めているためか各曲のカラーが似てしまっている点は否めない。が、バンドのなれそめを見て興味を持った方なら十分楽しめるアルバムだろう。

home album review interview alive&kickin' release info catch the move A to Z links contact