UNISONIC/「IGNITION」レビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
-2012-
「IGNITION」UNISONICジャケ写
「IGNITION」
UNISONIC

12.1.25release

 マイケル・キスクとカイ・ハンセンを擁するスーパーバンド、UNISONICの1stアルバムに先駆けてリリースされた4曲入りEP!

 メタル・シーンにおいて一目置かれつづけるシンガー、マイケル・キスクが本格的なバンドでシーン復帰。しかもHELLOWEENでの旧友:カイ・ハンセンとのバンドということで注目されないわけがないUNISONIC。この2人以外も、GOTTHARDやASIAでの活動でも知られるマンディ・メイヤー(Gt)、プロデューサーとしても活躍するデニス・ワード(Ba)とコスタ・ツァフィリオ(Dr)のPINK CREAM69組からなる4人組で、文字通りのスーパーバンドだ。

 もはやマイケル・キスクにメロディック・パワー・メタルを歌ってもらうのは他プロジェクトへのゲスト参加時のみ、とファンも諦めているだろう。そして例に漏れず、本作収録の新曲3曲を聴くかぎり、そしてメンツをみてもメロパワではない。ただし、ツインギターのハモリあり、ギターソロも長い尺が用意されたりと、しっかり“メタリック”なサウンドには文句なしに胸が躍らされる。しかもバンド名を冠した「Unisonic」はアップテンポなメタルチューンで、メロのフックも素晴らしい強力チューン。「My Sanctuary」もハードロックのグルーヴはありながらも秀逸のメロディーをフィーチャーしているし、「Souls Alive」なんかは3連のメタル・チューンである。

 バースにおける歌やギターリフに、意図的にハードロック的要素を取り入れているが、全体像からはメタリックな印象を受ける本作。聴き方によってはこれまでにない音を追求した斬新なサウンド(小難しいという意味ではない)にも聴こえるが、何よりも曲の良さが際立っているのに注目したい。意外と(笑)アルバムに期待できる…というかキスケ&カイの看板が生じさせる大きな期待を裏切らないかもしれない。「I want Out」のライブテイクを収録しているあたりがミソだろう。

home album review interview alive&kickin' release info catch the move A to Z links contact