HUNTRESS/「Spell Eater」レビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
ヘビーメタル、ハードロックアルバムレビュー
-2012-
「Spell Eater」HUNTRESSジャケット画像
「Spell Eater」
HUNTRESS

12.6.13release

 狂気の美形フィメールシンガー:ジル・ジェイナス率いるUS産スラッシュ・メタラー、HUNTRESSのデビューアルバム!


 強烈なインパクトとカリスマ性をもった女性シンガー、ジル・ジェイナスを擁するHUNTRESSのデビューアルバム。そのジルはまさに“狂気”という文字で形容するのが打ってつけで、その鋭い眼光と魔女のような容姿に引けを取らない凄まじいインパクトのヴォーカル・スタイルを持っている。基本的には歪んだ声で叫びあげるスタイルながら、10代でオペラ歌手としてヨーロッパ・ツアーを経験したということで、強力なハイトーンヴォイスも操る実力者だ。ARCH ENEMYのアンジェラ・ゴソウがデスメタル・クイーン(?)であれば、こちらはスラッシュ界のクイーンなり得る最右翼であることに違いない。

 サウンドはスラッシーなギターリフで構築されるダークでミステリアスなヘヴィ・メタル。モダン的ではなく、むしろオールド・スクールのスラッシュに近い楽曲群は、各曲わりとシンプルに作られているが、そこに乗るジルの七色歌唱が狂気を加える。わかりやすく言えば、SLAYERや80'sのUSアンダーグラウンド・メタルの曲を、少し柔らかに歌うアンジェラ・ゴソウと、CHASTINのレザー・レオーネとがデュエットしているようなイメージ(!?)だろう。キャッチーさや叙情的な要素は皆無で、常にアグレッシブに畳み掛けてくる楽曲は、メロディー派には厳しい内容。往年のスラッシュ・メタル・ファンにとっては斬新なサウンドであり、若いスラッシュ・ファンには新鮮なスタイルであり、ハマる人にはハマるだろう。

home album review interview alive&kickin' release info catch the move A to Z links contact