ヘビーメタル、ハードロック専門情報サイトRocks On The Road

CLASSIC LOUDNESS CHAPTER2 ラウドネス・ライブレポート 2009.6.26 at EBISU LIQUIDROOM

LOUDNESSライブ画像
Suported by TOKUMA JAPAN COMMUNICATIONS
CLASSIC LOUDNESS CHAPTER2 SET LIST
〜2009.06.26 EBISU LIQUIDROOM〜
 本年4月に行われたライブ・ツアー「CLASSIC LOUDNESS 2009 The Birthday Eve〜Disillusion」の好評を受けて行われている追加公演、「CLASSIC LOUDNESS 2009 The Birthday Eve〜Disillusion Chapter2」の東京公演が、6/26(金)に恵比寿のリキッドルームで超満員のオーディエンスを迎えて行われた。
 オープニングSEがかかり、メンバーがゆっくりとステージに上がってくる。高崎晃のギターのフェードインからフィードバック、そして渾身のアームダウン!もちろんオーディエンスは、オープニングナンバーが記念すべきLOUDNESSのデビューアルバム、「The Birthday Eve」のオープニングを飾る正にバンド名を冠したナンバー「LOUDNESS」であることは、すでに承知している。会場のボルテージは最初から一気に沸騰点に達した。

 ここからSEXY WOMAN、HIGH TRY 〜ROCK SHOCKのメドレー、さらにTO BE DEMONと、MCはほとんどなく畳み掛けるようにファーストアルバムからのナンバーが続く。そしてお次は、セカンドアルバム「DEVIL SOLDIER」からANGEL DUST〜GIRLのメドレー、ROCK THE NATION〜DEVIL SOLDIERのメドレーと、とにかく息つく隙間もない。

 さらに、サードアルバム「THE LAW OF DEVIL'S LAND」から、THE LAW OF DEVIL'S LAND、MR. YES MAN、IN THE MIRROR、BLACK WALLの4曲。MR. YES MANは、「この曲は樋口さんがとても大好きだった曲です。」という二井原実のMCからスタート、このミドルテンポのナンバーのパフォーマンスには、個々のメンバーの樋口宗孝に対する思いがこもって、またひとつファンにとっても忘れられないパフォーマンスが生まれたといっても過言ではないだろう。
 そして、いよいよライブも終盤を迎える。4枚目のアルバム「DISILLUSION」からのナンバーが続く。CRAZY DOCTORは何度となく演奏の繰り返されているナンバーだが、それぞれのパフォーマンスがそれぞれの表情を見せてくれる。やはり名曲は色褪せぬということを身をもって体感させてくれる。

1. LOUDNESS
2. SEXY WOMAN
3. HIGH TRY 〜ROCK SHOCK
4. TO BE DEMON
5. ANGEL DUST〜Drum Solo〜GIRL
6. ROCK THE NATION〜DEVIL SOLDIER
7. THE LAW OF DEVIL'S LAND
8. MR. YES MAN
9. IN THE MIRROR
10. BLACK WALL〜BUTTERFLY
11. CRAZY DOCTOR
12. EXPLODER
13. DREAM FANTASY
14. ESPER
-ENCORE-
1. BURNING LOVE
2. ROAD RACER
-ENCORE2-
1. ARES'S LAMENT
2. SPEED
-ENCORE3-
1. HIT THE RAILS
LOUDNESSライブ画像  おなじみの高崎晃のギターソロナンバーEXPLODERを経て、DREAM FANTASY、ESPERと超高速ナンバーを2曲立て続けに披露。このメンバーのすさまじいエネルギーは本当にどこから生まれてくるのだろうか?「凄い」の一言である。このエネルギーの塊をステージに残しながらメンバーがステージを後にする。

 もちろん、オーディエンスはこのままでは終われない。アンコールの叫びが会場の外まで響き渡る。メンバーはこのアンコールを楽しむかのように少し間を置いて、ステージに再び現れる。アンコールの曲は、BURNING LOVE とROAD RACERとアルバム未収録のシングルのナンバー。ROAD RACERにはいい意味で意表を付かれたファンも少なくなかったのでは!?スタジオ録音の初々しさとは違った、大人のパフォーマンスが聴けた。

 二度目のアンコールは、ARES'S LAMENT。やはりこの曲を聴くとどうしても樋口宗孝のことを思い出してしまう。オーディエンスも同じ思いであったに違いない。締めくくりはおなじみのナンバーSPEED。
LOUDNESSライブ画像
 最後までオーディエンスはメンバーと共に高いテンションを保ったまま突き進んでいったようだ。オーディエンスの幸せそうな満ち足りた表情が数多く飛び込んでくる。しかしそれと共にもうこれで今日のライブが終わってしまうのかという落胆の表情も伺われる。もっと見たい!そんなオーディエンスの心中を察するかのように、メンバーが3回目のアンコールで登場。5/27発売のニューアルバム「THE EVERLASTING」からのリード曲HIT THE RAILSを披露!オーディエンスにとって思わぬ最高のプレゼントになったはずだ。このニューアルバムにはライブで間違いなく乗れるナンバーが目白押しなので、こちらも早くライブで見てみたいものだ。
 今回行われているこの「CLASSIC LOUDNESS LIVEシリーズ」の第2弾として、8月末から9月初旬中野サンプラザをはじめ、全国4箇所で行われる「THUNDER IN THE EAST」ツアーも今から非常に楽しみである。

home album review interview alive&kickin' release info catch the move A to Z links mail