BLINDMAN LIVE TOUR 2001
ライブ・バンドとしての底力を見せつけたメジャー・デビュー後、一発目のライブ!!
6/29 in 渋谷ON AIR WEST

photos:Tomoko Tsukui

SET LIST

1.The Way To The Hill
2.Prison Of My Mind
3.Heads Or Tails
4.Why Did You Come Back?
5.The Reckless Way
6.Keyboad solo
7.With The Judgment Day
8.Promise
9.Another Tomorow
10.Drum solo
11.Touch Of Gray

blindman.live.all

12.Castle In The Sand
13.Gaze Into Your Eyes
14.Hot Blood
15.Being Human
16...in the Dark
17.Living A Lie
〜encore1〜
18.Blame Yourself
〜encore2〜
19.Tears
20.Raise Your Faith
〜encore3〜
21.I'm Falling Down

blindman.live.singer 久しぶりに、ライブ・パフォーマンスを見て興味がわいたバンドだ、このBLINDMANは。 多数のライブを見ているが、アルバム以上にダイナミックで魅力的なパフォーマンスを見せてくれるバンドはそう多くない。 経験の多いバンドとそうでないバンドは見ればすぐに分かってしまう。 このBLINDMANは、CDで聴いただけでは分からない魅力を持ったバンドだった。

 インディ・バンドとしては異例のON AIR WESTワンマンを満員にした経験があるので、このデビュー・ライブも客の入りは上々、しかも客層の約半分(以上?)が女性客だったのには正直驚いた。 両脇より中村、戸田が飛びだしワン・コードをかき鳴らし、高谷が太い声で「カモンTokyo!!」とシャウトすると、メジャー・デビュー作である最新作「BLINDMAN」の1曲目を飾る「The Way To The Hill」が始まった。高谷のヴォーカルはアルバム通り、太くパワフルな声で余裕のある歌を聴かせてくれているが、アルバムで聴ける彼の声よりも個人的には聴きやすく、クリアな声に感じられる。 ギター・ソロの後半部のハモリでは、CDではギターのオーヴァーダブによるものだが、ここでは井上のKeyが担当し、息のあった速いパッセージを的確なプレイでこなしていた。 続いてアルバム通りの曲順で「Prison Of My Mind」が演奏され、コーラスは中村と井上が担当しCDに忠実なコーラスワークが聴ける。 次の「Heads Or Tails」では、イントロでKeyをバックに中村のギターが泣きまくり、1曲目のテクニカルなソロに加え、このようなプレイもこなせるセンスの良さは日本のHM/HRシーンの今後を引っ張っていくギタリストの一人としてふさわしく思う。 Aメロの叙情的なメロディーを歌う高谷のヴォーカルは、ソウルフルでCDの何十倍も感情のこもった歌が聴け、彼の歌はその後もCDで感じることの出来ない魅力的で溢れていた。 メジャー・デビューの知らせと、このライブはインターネットで生中継されていることをMCで告げると「Why Did You Come Back?」と「The Reckless Way」が間一髪入れずに演奏される。 次はスペイシーなコードをバックにオルガン・ソロを決める井上のソロタイムが設けられるが、本人、少々緊張気味なのか、途中あぶなっかしい部分も見られた。 続く「Promise」でも高谷のエモーショナル・ヴォイスが栄えまくっていた。 「自分たちはやっとスタート地点に立てた」とMCで告げ「Another Tomorrow」に続き、インウヴェイの「SEVENTH SIGN」ツアーのドラマー、マイク・テラーナのドラム・ソロを彷彿させるアクションで、ルイスの力強いドラム・ソロタイム、場内ヘッドバンギングの嵐だったスピード・チューン「Touch Of Gray」、続く「Castle In The Sand」がプレイされた。 ここで再びMCだが、スラッとした長身で容姿の良い高谷の饒舌なトークと、オーディエンスの上手いのせ方を見て、女性ファンの多い理由がよく分かった(笑)。これもHM/HRバンドがメジャー・シーンで活躍するためには大切なポイントだと思う。 続いて、「みんなも好きな曲」とインディ時代からの名曲「Gaze Into Your Eyes」。この曲を筆頭に、BLINDMANは良い曲をたくさん持ち、しかもライブではよりいっそう魅力的な曲に聴かせている!!
 短いギター・ソロを夾んで、オーディエンスがサビのかけ声を担当する「Hot Blood」だが、この曲はライブの事を考慮し作られた曲だろう。この曲のようにライブ栄えする曲を用意できるセンスも、ライブ・バンドとして幅広く受け入れられている証だ。 続くバラードの「Being Human」での歌は、凄まじい程の感情移入で、会場内にいるすべての人を釘付けにした。 「...in the Dark」と、エンディングにふさわしい、8ビートでのりの良い「Living A Lie」で本編終了。
 しばらくすると客席から、独特のコールでアンコールを求めると、メンバーが登場し、スピード・チューンの「Blame Yourself」がプレイされるが、この一曲のみで「Thank you!!」メンバーが引っ込んでしまう。 当然のごとく客席からは「えっ〜」という声が・・・。 アンコールが一曲で終わってしまうとは考えにくく、再び登場するのがあからさまだった(笑)。 再度のアンコールに応え、高谷が登場するやいなや、「さっき、えっ〜って言われたけど、そんなに悪いことした?」と、逆にオーディエンスにふる(笑)。 二度目のアンコールは、中村はアコギ、戸田はフレットレス・ベースを持ち、ニュー・アルバムからのバラード「Tears」を披露。 前半アコギの音がほとんど聞こえず残念だったが、井上のKeyの美しいストリングスでフォロー。ハプニングながらギター・レスのストリング&フレットレス・ベースのみのバージョンもなかなか良い雰囲気だった。 何度も書くが高谷のエモーショナルなヴォーカルは素晴らしく、本人、歌い終えた直後、「感情移入をして歌うのは凄く難しいけれども、涙を流している子がちらほら見られ、凄くうれしい」とお礼を述べる。 二度目のアンコールも、スピード・チューン「Raise Your Faith」で閉められた。
 続いて最後のアンコールに応え、「I'm Falling Down」。オーディエンスもメンバーもフル・スロットルで、最後の盛り上がりを見せ、高谷はギター・ソロ中に、着ていたTシャツ脱ぎ客席に投げ入れるパフォーマンスも見せながら、息切れひとつせず、最後までパワフルな歌を聴かせていた!!

 正直言って、カリスマ性があったり、演奏が特別上手いバンドではないと思う。 だがBLINDMANのライブは、CDを聴くのとは全く違う魅力を一曲一曲に感じることが出来た。 それは、文中でもうるさいぐらいに書いたが高谷の歌を生で味わうことの魅力と、そして何よりもバンドとオーディエンスが一体になりライブを運んでいる団結力が大きな力になっているのだろう。 ここまでオーディエンスを引き込んでいく力を持ったバンドは世界中、そう多くはいない。 メジャー・デビューがかなった今、次は当然、海外進出だろう!! このBLINDMANは世界に誇れる日本のトップ・バンドのひとつだ・・・と、近い将来、海外のファンからも言われることを期待したい。

「BLINDMAN」
KICS-880
01.6.27