スイスが誇る躍動感溢れるハード・ロック・バンド、GOTTHARDが帰ってきた!! マンディ・メイヤーを正式メンバーに迎え、心に訴えかけるメロディ満載のNEWアルバム「HOMERUN」登場!!
ります。

GOTTHARDのファン・サイト
Hier ist GOTTHARD も是非ご覧ください!!
彼らの最新情報を知ることができます!!


HOMERUN / GOTTHARD
MICP-10227
マーキー
2001.2.7 Release
1.Wun Ga-Li
2.Everything Can Change
3.Take It Easy
4.Light In Your Eyes
5.Heaven
6.Lonely People
7.Fly Eagle
8.End Of Time
9.Say Goodbye
10.Reason To Live
11.Come Along
12.Homerun
13.Dirty Weekend(Bonus Track)

 ロック・ミュージックが持つ逞しさが凝縮されたアルバムである。「HOMERUN」と名付けられた本作は、ポジティヴな風を運ぶメロディと、人々を勇気付ける心温まるメッセージを届けてくれる。

 前作「OPEN」で見せたアコースティックな魅力はそのままに、初期のハード・ロックのエッセンスを軽く散りばめた楽曲の数々がGOTTHARDの素晴らしさを感じさせると同時に、とにかく歌詞が素晴らしい!! 何かに打ちのめされた貴方、悩みを抱えた君、落ち込んでいる彼女、全ての人の心を癒してくれるのは間違いないだろう。いかにもヨーロッパのバンドらしい民族音楽的な雰囲気をもつ「Everything Can Change」の躍動するビート感、THUNDERを継承するような「Light In Your Eyes」、爽やかなコーラス・ハーモニーが最高な「Come Along」、そして70年代風のオルガン・サウンドがカッコイイ「End Of Time」と楽曲のクオリティは異常なほど高い。

 名手、マンディ・メイヤー(G)を正式メンバ−に迎えたことでギターサウンドもスケール・アップしている。それは雄大なハード・ロック・チューン「Eagle」を聴けばお分かりだろう。必殺のバラードは「Heaven」、アコースティックの名作「D FROSTED」の雰囲気を感じたい人には「Lonely People」を。さらには、今は亡きアンディ・フグに捧げられたような「Say Goodbye」は涙なしでは聴けない。そして、タイトル・ナンバーである「Homerun」の歌詞は是非じっくり読んで欲しい。“愛や音楽を信じること”の素晴らしさを、野球用語である“ホームラン”と言う言葉で表現してくれている。ピアノをバックにスティーヴ・リーの熱い歌声が力を与えてくれるんじゃないだろうか。“これは僕のホームラン、そして君ヘのホームランでもあるんだよ” そう!! このアルバムはGOTTHARDから全てのロック・ファンへ贈られたホームランなんだよ!! こんなに表情豊かな音楽が詰まったロック・アルバムはそうはない!!一生、聴きつづけたいアルバムだ。



GOTTHARD:
HENA HABEGGER(Ds)
MANDY MEYER(G)
STEVE LEE(Vo,G)
MARC LYNN(B)
LEO LEONI(G,Vo)



【TOPへ】