音楽情報サイト:hotexpressthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
トップページに戻るニュース一覧ページへインタビュー一覧ページへライブレポート一覧ページへ
レビュー一覧ページへエアプレイチャートへメールマガジンを購読する特集一覧ページへ
SEARCH
アーティストを検索する
 
 

[mixiチェック]

School Food Punishment アルバム『Prog-Roid』特集

SFPが姿を消した真相。終焉の危機を超えて―――

School Food Punishment アルバム『Prog-Roid』インタビューはこちら
School Food Punishment アルバム『Prog-Roid』を購入する

アルバム『Prog-Roid』
2011.07.13 RELEASE
[初回限定盤(CD+DVD)]
ESCL-3707/8 \3,500(tax in) 『Prog-Roid』[初回限定盤(CD+DVD)]amazonで購入する

[通常盤(CD)]
ESCL-3709 \3,059(tax in) 『Prog-Roid』[通常盤(CD)]amazonで購入する

[収録曲]
01.free quiet
02.RPG
03.in bloom
04.ウツロウ、サンガツ
05.≠
06.are
07.Ura Omote
08.ハレーション
09.flashback trip syndrome
10.光
11.Y/N

SFP公式サイトにて全曲視聴可能!

ツアー開催決定!詳しくは公式サイトをチェック!

公の場から姿を消した真相。ここに公開。

新人ながら1stは初登場3位。ライブのクオリティも鰻登りだったSFPが何故に沈黙を守っていたのか?

2010年春 内村「第一部は終了です」の真意

前作のインタビュー時、すでに内村友美(vo)はSFPチームの意識がバラバラになっていると実感しており、メンバー間の仲もあまり良くない状態に。実は「どうにかしないと、先に進めない」と感じていたそうだ。そして満身創痍でツアーをやり切る

2010年夏 school food punishment沈黙……

8月【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010】参戦と、9月『flashback trip syndrome』配信を区切りに、活動停止。バンドをどうしていくのか、一回ここで立て直さないと「次の作品は作れない」と動きを止める。この頃、内村は「結構辞めたくなっていた」という。

2010年秋冬 終焉の危機回避するも、答え出ず

内村の苦悩を周囲が理解していったことにより、人と人でバンドを内側から組み立て直していく流れが生まれる。しかし「もっと自分たちが主体とならなくちゃいけない」と『RPG』とそれを核にしたアルバム制作に臨むも、年末には壁にぶち当たってしまう。

2011年春 夜明け

4人は思い出す。自己満足じゃなく、たくさんの人が聴いてくれるものを作りたくて、音楽をやっていたことに。その為にするべき選択は自分たちですべてやることじゃないと、プロデューサーと一緒に壁を壊しながら『RPG』やアルバムを完成させていく。

2011年夏 新生SFP『Prog-Roid』発表

「CONTINUE?」に対して「YES」を選択したSchool Food Punishmentは、過去最も開放的なアルバム『Prog-Roid』を発表する。「友達とか親とかがもっと喜んでくれるものを目指していくのが正解」としたSFPが完成させた新世界。実態は自身で確認してほしい。

抽選で3名様にサイン入りポスタープレゼント!!

【応募方法】右記の必要事項を明記の上、info@hotexpress.co.jp宛にメールをお送り下さい。当選の発表は発送をもってかえさせて頂きます。
プレゼントに応募するプレゼントに応募する

【件名】School Food Punishmentプレゼント
【氏名】【年齢】【住所】【電話番号】【特集またはインタビューの感想など】