音楽情報サイト:hotexpressthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

PRIVATE PLANET アーティストスペシャル



TOPimage
ポップス、ダンス、ロックのフィールドでの活動を主とするRAM RIDERによる新プロジェクトとして、耳の早い音楽ファンから注目を集めてきたPRIVATE PLANETが、遂に本格始動! カフェやラウンジにも対応したより心地良いグルーヴ感が満載のアルバム『FUTURE MEMORIES』について、クラブシーンや音楽の楽しみ方の現状も交えつつ、じっくりと答えてもらいました。
−−PRIVATE PLANETとしては昨年、自身が手がけた「SPG=space program」シリーズに2曲、新曲を書き下ろしました。新プロジェクトを立ち上げる上で、最初にイメージしたことなどはありますか?

最初のオファーがFranc francレーベルからのリリースということでしたので普段RAM RIDERとしてやっているようなエレクトロの流れを汲んだPOPSやロックの要素はあまり出さずラウンジやリスニング的な部分を意識して制作をはじめました。仕上がりは満足の行くものとなりましたが、RAM RIDERの今までの延長としてリリースするのではなく、これは自分の中の別カテゴリとして今後も継続的に作品を発表できれば、と思いPRIVATE PLANETとしてスタートしました。

−−2月にはiTunes限定で『SPLASH! EP』を先行配信しました。着うた(R)なども含め、昔に比べて音楽の聴き方、楽しみ方も変わってきたところがあると思うのですが、そうした進化や変化が作曲活動に与える影響はありますか?

アルバム全体のコンセプトだとか1曲目から10曲目までの流れというのをどれぐらいリスナーが意識して聴いているのか、ということについては今だによく悩みます。僕はあまりシャッフル再生は好きではないので可能な限り曲順で聴くことが多く、そういう意味ではそこまで大きな変化はありませんが、1曲単位での購入を考えるとシングルに限らず個々の楽曲のクオリティアップが要求されるのかもしれません。ただ同時に受け手の立場として考えれば最新の楽曲はもちろん、学生時代に聴いていた作品や名前しかしらないクラシックスのようなものに触れる機会も増えましたのでそれは音楽作りをする上で恩恵を受けていると感じます。

−−また、近年のテクノポップブームにより、日本におけるダンスミュージックの解釈のされ方にも大きな変化をもたらせたと思うのですが、そうしたシーンの変化を感じるところはありますか?

クラブで日本語の曲がかかる機会が増えたことはいいことだと思います。10年前はリミックスですら日本の歌がかかるとやたらと敬遠されている印象だったので。海外のダンスミュージックがどんどん細分化していく中、日本のダンスシーンは数種類の方向性にまとまっていってる印象を受けるのでもっとそこの枠より広いものができないかなと個人的には思っています。

−−そして3月4日、PRIVATE PLANETとしては初のアルバム『FUTURE MEMORIES』をリリースします。タイトルは直訳すると"未来の記憶"となりますが、このタイトルに込めた想いとは?

僕はこれを「未来の思い出」として英語のタイトルにしました。簡単にいうと「日々の小さな約束や人との会話を大事にしよう」ということですね。SF的な要素ではなく日常についてのテーマです。「明日映画を見に行こう」といえばそれは明後日には"昨日の思い出"になっていないといけない。「来週は〜へ行こう」と約束をしたら再来週にはそこへ行った思い出が作られていなければいけない。僕自身「今度!」「是非!」という口約束をついしがちなので自戒の意味を込めて、毎日を大切に生きようかな、みたいな感じです。

−−M-01『morning』から始まり『night』で終わる。RAM RIDERではアルバム『PORTABLE DISCO』を含め、夜を連想させる楽曲や作品が多かった印象があるのですが、『FUTURE MEMORIES』からはある意味、対極に位置するコンセプトを感じました。制作する上でイメージしたものなどはありますか?

RAM RIDERでもっているクラブっぽさや未来っぽさみたいなものは表に出さず、生活感、自分の今の年齢(30になりました)から出る雰囲気は出したいなと思っていたのでまあそれなら今の一日の流れに絡めたコンセプトにするのがいいかなと。それも週末!深夜!ということではなく平日の何気ない一日や日曜日の昼間といった特別でない部分を切り取った作品になればいいなと考えて作りました。
PAGE2へ

RAM RIDER オフィシャルサイト

hotexpress PRIVATE PLANET アーティストページ

PRIVATE PLANET アーティストスペシャル vol.1 ページトップへ戻る