音楽情報サイト:HOT EXPRESSthere is music by side ホットエキスプレス・ミュージックマガジン  
 
   
 
音楽情報サイト:HOT EXPRESSニュースインタビューライブレポート
レビューチャートメールマガジンスペシャルページ
SEARCH
アーティスト検索
 
 

奥田民生 アーティストスペシャル

 
 
   
  アルバム
『Fantastic OT9』


2008.01.16 RELEASE

SECL-579
\3,059(tax in)


    01.イナビカリ
    02.スルドクサイナラ
    03.フロンティアのパイオニア
    04.愛のボート
    05.いつもそう
    06.アドレナリン
    07.3人はもりあがる(JとGとA)
    08.カイモクブギー
    09.ちばしって
    10.今から海を
    11.鈴の雨
    12.なんでもっと
    13.無限の風
    14.明日はどうだ

 
   
   
   
   
 
 
TEXT:杉岡祐樹
   
   
 
 
 
3年半ぶりのニューアルバムが遂に完成!

デビュー20周年を迎えた昨年は、ベスト盤とトリビュート盤をそれぞれ2枚発売。井上陽水奥田民生としての活動や【Hit&Runちゃん祭り2007 〜ワカす※バンド天国!〜】への出演など、とにかく例年にはない大活躍の1年となった奥田民生。
そして2008年初頭、1月16日に遂に発売となる9枚目のオリジナルアルバム、『Fantastic OT9』について民生が語ります!

※は温泉マーク
 
 
 
PAGE   2>  
 
  −−アルバムタイトル『Fantastic OT9』の由来を教えてください。

奥田民生:今回は曲作りから録音、パフォーマンスまで含めて、非常に自分の中での完成度が高くて、「良く出来た!!」と思いまして。ずっと何年もやってきて、特にレコーディングだと「こういうイメージで」と思っていても、結果、そうならなかった。けど、徐々にその隙間が埋まってきて、それが今回は自分の中で凄く上手くいったので、「素晴らしい9枚目」という内容のタイトルでも良いではないでしょうか、ということで。

−−例えばこのアルバムについて、amazonのリコメンドが付くとしたら、何だと思いますか?

奥田民生:う〜ん………。因みに、アナログ盤も出すんですけど、14曲も入ってるから2枚組になってしまって、A面B面考えると4つに分けないといけないんだよね。だから曲順を考える時もアナログの事を考えて決めたんですけど、「4曲目で切れて、次が3曲」って。だから………、あっ、宇多田ヒカル!

(一同笑)

−−今回のアルバムは今までの作品と比べても、かなりライブを想定した音になってると思います。作る時に意識した事は?

奥田民生:もう最近は曲作りの時点でライブを考えてるんで、ギター、ベース、ドラム、キーボードがあって、それで終われるもんなら終わりたい。その分、音に説得力を持たせないといけないから、レコーディングって後で編集したりできるけど、なるべく後から変えていくのは止めて。バンドで演奏したら全員が「ああ良い!」って言えるようなやり方に段々シフトしてきてて、それが今回はシッカリしてますね。

−−シフトしてきた理由は?

奥田民生:早く帰りたいから(笑)。ホントはもうちょっと音足したいって思っても、「もういらないだろ」と。そういうことです。

−−では使用したギターやアンプについて教えて頂けますか?

奥田民生:色々ですけれども。自分のモデルの白いレスポールと。あと向こうでスティーヴの持ってたヤツとか借りたりしてるんで、エピフォンの何とかって、そういうのばっか使ってたんですけど。日本だとその白のメインのヤツと、59年のスタンダードと、赤いレスポールとかですかね。あとは家にあってあんまり持ち出さないES-335があるんですけれども、それをけっこうな頻度で使ってて、これからライブでも使いたいなと思ってます。

−−また、歌詞には“海”という言葉がよく出てきますね。

奥田民生:最近、海行ってないんですよ。

(一同笑)

奥田民生:そういうのって僕的には大事で。例えば酒々言ってたらもらえたりとか。沖縄とか、ハワイ行きたいなーって言ってたら……(笑)。

−−今回ギタリストとしての奥田民生として心がけた事は?

奥田民生:ギターの音作りに関しては、20年ずっとやって来た訳で。この5〜6年の間で何となく自分のイメージしてる音がアンプから出てて、それをマイクで録ってっていう音のギャップが少なくなってきてる。だからあんまり時間かけてどうのこうのっていうのは無くなってきてますね。
だから演奏の方に集中出来るといいますか。「きっと良いに決まってる」って自分の中で思えるようになって来てて、そういう意識の違いはあると思います。当然、バンドの関係も良くなってきたりしてますから、そうすると自然と弾いてるギターも良くなってたりする。そういう実感があります。

−−アルバムの中で1番古い曲と、1番新しい曲は?

奥田民生:古いのはM-04『愛のボート』。新しいのは……どれだろう?俺の中ではM-13『無限の風』とかじゃないかな。この3年の間に曲を貯めてたっていうのもあって、自分で詳しい事はあんまりよく分からないですけど、M-11『鈴の雨』とかM-10『今から海を』あたりは割と最後の方ですかね。『愛のボート』はシングルで出してって言ったのに会社が出してくれなくて。

(一同笑)
PAGE2へ→



 
奥田民生 OFFICIAL SITE http://ot.hit-r.com/
PAGE2へ

奥田民生 ARTIST SPECIAL ページトップへ戻る